英国王のスピーチ

b0170162_13494523.jpg久しぶりにDVDをレンタルし、「英国王のスピーチ」を観ました。

第2次世界大戦前後の英国王室を舞台とした実話だそうですが、とても面白かったです。
クスクスっとした笑いがちりばめられ、惹きこまれます。

また、随所に「Have a tea? (お茶はいかが)」というセリフが出てきて、英国人のお茶の飲み方やティーセットなどライフスタイルを見ることができるのも興味深かったです。

ハラハラドキドキ感というよりも、落ち着いてのんびりしたいなーという気分の時に観るおススメの映画です♪

以下Amazonから抜粋
【ストーリー】
スピーチができない男が、国王になった―。
吃音に悩む英国王ジョージ6世が自らを克服し、国民に愛される本当の王になるまでを描いた感動の実話。

ジョージ6世は、王になどなりたくなかった。兄のエドワードが、王室が認めない愛のために王冠を捨てたことから、予期せぬ座についたのだ。しかも彼には、吃音という悩みがあった。スピーチで始まり、スピーチで終わる公務の数々に、いったいどう対処すればいいのか? 心配した妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家、ライオネルの診療所に自ら足を運ぶ。堅く閉ざした心に原因があると気付いたライオネルは、ユニークな治療法で王の心を解きほぐしていくのだが ―。


Coccoのお菓子と紅茶教室
ふくおかともこ
[PR]
by mokokosweets | 2011-09-06 14:00 | 好きなもの

立川市の洋菓子と紅茶教室 大切な人のために作ってあげたいお菓子を楽しくレッスン


by mokokosweets