「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

イルプルーの卒研Ⅰのレッスンを受講して参りました~。

本日は、
♪トゥリアノン
♪苺とホワイトチョコレート
の2品を作成。

ダッコワーズ生地、マカロン生地を使った御菓子です。

♪トゥリアノン
リカール酒のムースにパイナップルを入れ、
ダッコワーズ生地ではさんだお菓子。

初めてリカール酒を飲んだ時は、「!!?」とビックリするほど
おいしさがわかりませんでしたが、
フランス料理や製菓のレッスンでたびたび登場していくうちに
味にもなれ、今では「おいしい♪」と感じるほどです。
b0170162_2322161.jpg


♪苺とホワイトチョコレート
こちらは、苺のリキュール、ホワイトチョコ、生クリームを混ぜ合わせたクリームを
マカロン生地ではさんだお菓子。
表面のデコレーション、うーーーーん?(笑)


b0170162_23263650.jpg

弓田先生、スタッフの皆様、本日も楽しいレッスンをありがとうございました。
そして、クラスメイトの皆様、おつかれさまでした。
私は帰りの電車で爆睡でした~。
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-30 23:29 | イルプルー
日本紅茶協会認定ティーインストラクターの先輩でいらっしゃる
Salon de bonheur先生にご教示頂き、
スカンティップス(ヨーロピアン磁器上絵付け)の作品展を観に
恵比寿のQ.E.D.Clubへ行って参りました。

最近、磁器の絵付けに興味がある私。
スカンティップスをなさっていたSalon de bonheur先生から
たくさんのことを教えて頂きながら、本日の作品展もご一緒させて頂きました。

それはそれは、美しい磁器の上絵付けの作品展です。

1つ1つの作品のすばらしさはもちろんのこと、
作品を飾っているテーブルセッティングは1つの世界を創り出し、
トータルで美しいです。

磁器を通して、製作されたお一人お一人の人生観を
垣間見ることができる世界でした。

磁器の絵付けというのも奥が深いものですね。

まずは、楽しくお気軽なものからスタートしてみようかしら。

今年の夏はいずれかの体験レッスンに参加してみようと思います♪
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-29 21:26 | 好きなもの

杏のパウンドケーキ

蒸し暑い日が続きますね、
エアコンの「カラっと除湿」機能にお世話になりっぱなしの毎日です。

そんな暑さにも負けず、
杏のパウンドケーキと栗のパウンドケーキを焼きました♪

両方ともイルプルのルセットをもとに作成しています。

杏の方(手前)は、ドライの杏をたっぷり使用。
本当はグラスをかけて仕上げるのですが、
この湿度にグラスが耐えられないと判断し、グラスなしです。

栗の方も、フランス産の栗のシロップ漬けがたっぷり入ってます。
表面の白っぽいところは、クランブル。
一切れ食べると、もう一切れ食べたくなるほどおいしいです♪

各2台分の分量で作ったところ、
こちらのアルミケースでは3本分+おまけ くらいの量となりました。

きれいにラッピングして、
これからクール宅急便でお嫁入り~。
召し上がってくださいませ。
b0170162_11312590.jpg
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-29 11:31 | おやつ

今宵のうちごはん

本日のうちごはんです。

メイン:茹で鶏むね肉にピクルスのソースを添えて
スープ:お豆腐とエノキの中華スープ
白米

鶏の胸肉は火が入りすぎるとパサつくので、
ふつふつ手前の熱湯の中に胸肉をいれ、
だいたい80度前くらいの温度をキープさせて(一番弱火)15分茹でてます。

お肉はピンク色がほぼ残らないくらいの状態になります。

新鮮なお肉ならほんのりピンク色くらいがベストかもしれませんが、
この暑い時期は心配なので。。。

おソースは、ピクルス・ケイパー・生姜をみじん切りし、
マヨネーズ、ビネガー、オリーブオイルを混ぜた中にあわせます。

大人好みのピリっとさっぱりした味に仕上がるこのおソース。

さっぱりしたものを好みやすいこの時期に
お肉も食べやすくなります♪
b0170162_21324295.jpg
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-27 21:33 | お料理

7月のレッスンのご案内

Coccoのお菓子教室

7月のレッスンのご案内です。

暑い夏には、喉ごしのさっぱりしたスイーツがおいしいですよね。

レッスンでは、「ココナッツのムース」を作ります♪

ココナッツの香りと優しい口どけのムース。大好評を頂いております。

ムースの中には、ジェノワーズ(スポンジ生地)をはさみ、
基本のジェノワーズ生地もレッスン致します。

このジェノワーズ生地はショートケーキの生地と同じもので、
応用が利きます。

ご家庭でも簡単に短時間でお作り頂けるsweetsですので、
ご興味ある方は、ご連絡くださいませ。

♪レッスン日
7月9日(金)10日(土)
7月16日(金)17日(土)
7月23日(金)24日(土)

いずれも
(1)AM10:00-12:30 もしくは(2)PM13:30-16:00

♪レッスンFee
¥4,000-(税込み。レシピ代、材料費、ご試食、お茶代、ラッピング代含む)

♪場所
Coccoのお菓子教室 
東京都羽村市の自宅 (JR青梅線 羽村駅より徒歩3分)
レッスンのご予約確定後、道順をご案内申し上げます。

♪1レッスン 最大3名まで。
お一人様から開講致します。
生徒様全員でケーキ1台仕上げて頂き、均等にわけてお持ち帰りいただきます。
ご試食はこちらで用意したものを召し上がって頂きます。

♪キャンセルにつきましては、
材料の準備の関係で、レッスン日の2日前からキャンセルFeeが発生致しますこと
ご注意くださいませ。

♪上記日程以外をご希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様にお会いできることを楽しみにしております♪
b0170162_22514180.jpg
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-26 22:51 | レッスン

ドイツの紅茶

たびたび登場のティーインストラクター同期のYちゃん。

高校時代にドイツに留学されたYちゃんから
ドイツの紅茶とかわいいナプキンを頂きました☆

こちらの紅茶は日本では手に入らない貴重なもの。
丁寧に淹れて、ミルクたっぷりのホットで頂きました。

う~ん、おいしい☆

おやつには、姉からもらった寛永堂の「黒豆茶やわらぎ羹」をパクリっ。

Yちゃん&Yちゃん(姉)、ごちそうさまでした。
ありがとうございます!
b0170162_15534188.jpg


b0170162_1554262.jpg
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-25 15:54 | 紅茶

TEA関連の書籍

ロンドンの美術館で購入してきた書籍のご紹介です。

Victoria & Albert Museum にて、
♪TEA EAST AND WEST 
(東洋と西洋の古来の茶文化について、当時の絵や写真付きで説明されています)
♪French Porcelian of the Eighteenth Century
(V & A 美術館には、美しいポーセリンがたっくさん飾られています。
お皿の絵付けをなさっている方や洋食器がお好きな方には、
絶対立ち寄っていただきたい美術館です。
こちらは、その作品が掲載された書籍です)

Wallece Collection にて
♪THE RITZ LONDON BOOK OF AFTERNOON TEA
(英国でのロンドンの紅茶文化の歴史について、
当時の挿絵をはさみながら説明された書籍です。
アフタヌーンティーでのサンドイッチやスコーン、スイーツの作り方も
載っていて、眺めているだけでも楽しいです。)
b0170162_14211529.jpg
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-25 14:21 | 好きなもの
今回のイギリスの旅で、コッツウォルズ地方に行きました。

コッツウォルズ地方には、アンティークショップがたくさんあり、
私のような観光客でも入れる雰囲気のお店もあります。

お昼時などは休憩中のお店もあり、クローズしていることもありますが、
ウィンドー越しから、洋食器やシルバーカトラリーがかわいらしく飾られた
お店を見つけ、2,3軒入ってみました。

その中で、迷わず購入を決めたのがこちらです。
b0170162_1357529.jpg


シルバーのシュガートング。
1819年ロンドンで作られた、William Bateman というメーカーのものです。

シルバーは、ホールマークという刻印が入っているので、
製作された年、場所、メーカーというのがわかります。
b0170162_147435.jpg


b0170162_1481478.jpg


お店の人から説明を受けながら、ホールマークも確認し、即決。

当時のシュガートングは、お砂糖が現在よりも大きかったため、
かなり大きいです。

ほぼ200年という月日の中で、今までどんな人が所有していたのかと思うと
胸が膨らみます。

荷解きをしたあと、シルバークロスで磨きながら、
「ようこそ、日本へ。これからは私が使うね。よろしく」と話しかけました。

私は、アイスティーや麦茶のアイスキューブを取るのに使ったり、
この季節には出番が多そうです。
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-25 14:08 | 好きなもの

London へFly on

ロンドン旅日記 一日目

もしこれからロンドンに行かれる方の参考になればいいな、と思い
細かいことも記載していきます。

6月12日(土) 成田12:00発→ ロンドンHeathrow16:35着 JL401便
にて、ダンナサンと2人でロンドンへ。

空の旅は快適でしたが(映画も観ずに、ひたすら睡眠)
Heathrow空港の入国審査は大行列で、ここで1時間要し、グッタリ。。

空港からホテルまでは、地下鉄(Piccadilly or Distict Line)で行きました。
乗り換えなしの一本で40分程度。
ロンドンの地下鉄はわかりやすいです。

<ホテル>
K+K Hotel George

打ち間違えのような名前のホテルですが、ほんとに「K+K Hotel」という名前です(笑)
オーストリア系のホテルで、宿泊客のほとんどが、オーストリア人かドイツ人。
日本人は1組~2組程度です。
アクセスがとても良く、地下鉄Earl’s Court駅から徒歩2分。
ロンドンの主要な観光地にも行きやすく、ウインブルドンにも1本でいけちゃいます。
周りにもスーパーやパブがあり、治安面でも不安なしです。
私はホテルのHPから直接予約しました。

<Fee>
ダブルルームで一泊GBP146.83
朝食、City Tourという一日観光バスツアー、5 oclock tea、
インターネットフリーアクセス、ジム利用・・というのが付いてました。
ロンドンらしいですね。

<お部屋>
部屋は広さは、広くもなく、狭くもなく、ロンドンのホテルの基準ではまぁまぁだと思います。
バスタブ付きをリクエストしたので、ちゃんとバスタブもありました。

私たちのお部屋は通りに面していましたが、とても静かな通りで、
向かい側の建物も雰囲気があり、趣がある眺めでした。

ガーデニングがお好きな方なら、
中庭に面している方が眺めが良いと思うので、
リクエストするときにお伝えするといいかもしれません。

<朝食>
しっかりしたビュッフェ形式です。
種類がたくさんあり、特にサーモンとチーズがおいしかったです。

1日目はpm6:00ごろ部屋に入り、そのままバタっと寝ました。
ロンドンはpm9時過ぎまで明るいです。
b0170162_1434396.jpg


お部屋↓
b0170162_1440812.jpg


バスタブ↓
b0170162_14403586.jpg


朝食↓
b0170162_14405686.jpg


中庭↓
b0170162_14415473.jpg


b0170162_14421820.jpg
[PR]
by mokokosweets | 2010-06-23 14:45 | London Trip

ランチ@TWG Tea 自由が丘

今日は、ティーインストラクターの先輩Salon de bonheur様と
夏のコラボレッスンの打ち合わせを兼ねて、
自由が丘の「TWG Tea」にてランチ&Teaをして参りました。

「TWG Tea」とは、シンガポールのティーサロンで、
海外第1号店として5月末に自由が丘にオープンしたそうです。

アクセスは、南口の改札口から0分。改札を出て、すぐ左手にあります。

お食事は、サラダプレートをオーダー。
紅茶は、すっきりしたものをリクエストしたところ、
チベタンというおススメのブレンドティを頂きました。

お店の雰囲気は、マリアー××に似ているな~という印象です。

ちなみに、ロンドンのハロッズの中にもTWGの紅茶屋さんがありました。
(茶葉のみ販売)
b0170162_2314348.jpg



b0170162_23143378.jpg

[PR]
by mokokosweets | 2010-06-22 23:15 | 紅茶

立川市の洋菓子と紅茶教室 大切な人のために作ってあげたいお菓子を楽しくレッスン


by mokokosweets