お話のしかた

紅茶協会の後期の試験は、40分間のデモンストレーションを一人で行います。

そのため、後期の授業には、元NHKのアナウンサーの先生による「しゃべりかた」
のレッスンが2回ほどあります。

先日、1回目のしゃべりかたのレッスンを受講してから、
TVの女子アナやレポーターのしゃべり方を意識して聞いてます。

息継ぎとか、言葉の抑揚とか、専門的な技術はわからないけれど、
なんとなく、感じがよくて、なんかこの人、面白そうなこといいそうだな、
と聞き手に思わせるようなしゃべり方をしたい、って思ってます。

わたしがそんな点でお手本にしたいのは、
クボジュンと高島彩アナです。

実際の試験では、そういうテンションは期待されていないような気がしますが、

わたしのモットーは、やるなら楽しく、おもしろく。

本人が楽しまなくちゃ、聞き手もつまらん、と思うので。

デモの練習も遅々として進んでいませんが、がんばりまーす。

画像のTea:コホラのローズティ さっぱりしていて飲みやすいです。
b0170162_15534995.jpg
[PR]
by mokokosweets | 2009-10-19 15:53 | 紅茶

立川市の洋菓子と紅茶教室 大切な人のために作ってあげたいお菓子を楽しくレッスン


by bonvoyage